☆MIX juice☆

カテゴリ:本( 65 )




からまる

からまる
という本を読んだ。

作者:千早茜

とても、とても良い本だった。

More
[PR]



by sachosacho | 2011-09-02 20:48 |

エッセイ。

最近、エッセイにはまってます。
人の人生、覗いてます。(゚Д゚ 三 ゚Д゚)キョロキョロ

大槻ケンヂの「のほほんだけじゃダメかしら?」で
X「大槻君『今、さみしくて眠れないから・・・・・』って電話でいったんだよ」
大槻「ひえー!俺そんなこと言ったの!ひょえー!さみしくて眠れないから!?じゃあ起きてろよ!って感じだよなあ」

って文章に電車で爆笑してしまって(しかも朝。)周りの人から怪訝な目で見られました。
(ちなみに、これは大槻ケンヂが今までに出会った女性との対談形式のエッセイ。みんな波乱万丈です…ちなみに上のXは大槻の元オッカケだそうで。かつてパックン…つまりセックスした仲らしい。)
ところで今時オッカケっておるんかな????

んで、原田宗典っていう人のエッセイを1冊読み終わって、また次の読んでるんやけどおもしろい!
「東京トホホ本舗」ってやつ、ほんま笑いました。
今日も帰りに電車で笑ってしまった。ニヤニヤ(・∀・)ニトニト。(表情が隠せないタイプなんです。)
どれも見開き2~3ページぐらいの短い話で、「トホホ」が詰まってます!
電車内や朝読にオススメ。

うーん!人の人生おもしろい!!!!
[PR]



by sachosacho | 2007-10-02 23:16 |

無我野先生。

ピューと吹くジャガー(うすた京介著)読んでたらさぁ…

無我野先生…


b0021747_20362534.jpg

(ピューと吹くジャガー11巻P83 7コマ目より。)


安倍元総理大臣に似てね!!?
[PR]



by sachosacho | 2007-09-16 20:37 |

毎日…

毎日本を読んでます。

今は、久しぶりに村上春樹を読んでる。
「ねじまき鳥クロニクル」
春休みに読もうと思ったけど、結局読まず、そのまま。
で、読んでます。
第一部、読み終わってもまだこの物語の目的とするところが見つからない。
村上春樹世界が広がってる。
あたしは、村上春樹の書くセックスシーンが好き。いやらしくない。

最近、本を読むスピードがいや、読んでる時間が半端無く多い。
1日、6時間くらい読んでんじゃねーの?w
朝起きて1時間、お昼食べて2時間、昼寝して、
晩御飯食べてからは読んだり読まなかったり、読むときは2時間、
お風呂入って寝るまで2時間。
てか、一日本読むしかしてない。

本を読んでる間、考えなくていい。
本のことだけ、考えてればいい。

最近、いろいろ考えすぎてネガティ部。
ねじまき鳥クロニクルは、なんか、途方無い本で、読んでて、暗くなる。w
でも、彼を、岡田亨を、物語の終わりへ導かなければならない。
きっと、村上春樹なので、すくえない結末だとは思うけど・・・
[PR]



by sachosacho | 2007-08-30 16:30 |

オーケンという男。

小説不足なので、本屋さんで、さぁて、何買おうかねー!!?
とウロウロしたんやけど、特に面白そうなん無くって帰ろうかな?って思ってたときに、イヤホンからPOLYが流れてて、
「POLY、ハヤシ…筋肉少女帯、きんしょー…あ!オーケン!!大槻ケンヂ!グミ・チョコレート・パイン☆」
ってことで、グミ・チョコレート・パイン グミ編を読んでます。

アホやな。高校生って。性欲の塊な高校2年生。
オナニーと、俺は(何かでかいこと)やってやるっていう気と、童貞という名の純情だけで生きてる高校生。
妄想の中での自分と、現実の自分の落差にがっくりするような男の子たちが愛しくてたまらない。wwww
あと、ポコチンって書いてるのがなんかいいよね。かわいい。
賢三が、山口だけはおかずにしねぇ!!といいながら、なんども手を伸ばしそうになるけど、ポリシーを貫く気持ちが愛らしいよ!!
あと、実際に山口と喋ってるときにしどろもどろで、こっちがドキドキしてしまうね。ww
きっと、この年齢でしかも女なんで「あはは!」って笑えるけど、妙齢の男の子にはたまらんやろうねー。
むぅ。高校生の時に読めばよかったな。

実は、オーケンこと大槻ケンヂについては全然詳しくないんで、なんとも言われへんけど、変な人なんは知ってる。爆”
(ちょっと前に筋少復活で初めて曲を聴いて「思ってたより、筋少って微妙…」と思いました。でも、いつかちゃんと聞きたいです。なんか、妄想が一人歩きしてた部分があるんでね。)
あと、MJことみうらじゅん氏の本も全然読んだことにゃい。

ってことで、しばらくはヴィレッジヴァンガードに通い詰めようかなー。
文字少ないから、昨日買ったところやのに、もう半分以上読んでしまった…
これはブックオフで探すのが賢いか!?ww
本て地味にたけぇ。

ほんまは、ミクシィに載せようと思って書いたけど、
オナニーとかポコチンとか、書いてる文章を知り合いに覗かれるのは恥ずかしいなー。と思ってこっちにのせます。wwwwwwwwwww
[PR]



by sachosacho | 2007-05-16 21:33 |

陽気なギャングが地球を回す!!!

ほんまー。伊坂幸太郎読みすぎwww
お母さんが、知らん間にブックカバーに入れてるんですわ。ww

小説やな。って感じでした。
リアリティの中に、ありえない能力が埋め込まれる。むむむ。

映画もおもしろそうー!!♪
ただ、饗野さんが、佐藤浩市で、金髪なのはなー…
サチョの中で饗野さんは、もっと紳士的な感じ!!!!!!
成瀬さん級に紳士的な感じ!!!!!
[PR]



by sachosacho | 2007-05-12 20:42 |

重力ピエロ オーデュボンの祈り

伊坂幸太郎フェア☆
ってわけでもないんですが、この二冊読みました~。

重力ピエロは、
死んだ母親と強姦魔の間に生まれた弟と、
そして末期の癌である父と、
父と母の子である自分の家族の話。
家族愛。って感じですね。

おもしろかったけど、そんな
「うぉぉぉおおぉ!!」って感じではなかったので、感想は飛ばします。www

オーデュボンの祈りがおもしろかった!!
伊藤はコンビニ強盗をしようとして失敗。警察に捕まり、なんとその警官が昔の同級生の城山。
城山は、冷徹で、残酷な人間。暴力に性的な快感を得る変態。ほんまにキモい。
その城山を恐れた伊藤。偶然にもパトカーが事故を起こし、
次に伊藤が目覚めたときには、妙な島。
日本の中だけど、外交を絶ち(いうなれば鎖国)、島の誰もが優午という喋る案山子(カカシ)の言葉を信じている。(彼は未来が見えるらしい。)

ある日、その優午が殺される。
その犯人とは?
何故優午は自分が殺されることがわからなかったのか…防ぐことはできなかったのか。

そして、島に伝わる
「この島には何かが欠けていて、それを外から来た人間がもってくる。」
という伝説。
欠けているものとは?誰が持ってくるのか?

んもぉ、おもしろかったです。コレは。
一気にぐおぉ!!!と読んでしまいました。
ラッシュライフ級におもしろかった。
ていうか、城山キモスギ。はよ死ね。と思いながら読んでました。
わりと、終盤になると、先が読めてくる部分もあるけど、うん。イイ!!

伊坂幸太郎の世界はいろんなことろでつながってる。それをみつけるのもまた楽しいね。

心に残った場面。
「自分の投げた矢が絶対、的に当たっているものだと思っていてさ、それがてんで外れた地面に突き刺さっていたら、寂しいじゃないか」
「そういうときはただ」彼は足取りが軽い。
「落ちた場所に、自分で的をかけばいいんだよ。」
[PR]



by sachosacho | 2007-05-03 11:03 |

眼から、何か熱いものが流れた。

はぁ…

いやー。エウレカセブンは泣くに値するね。
(また、ヲタなマンガを読んでる私。www)

まぁ、あれよ。腑に落ちない部分とかあるけど、彼らの愛はうつくしいですわ。うん。

てか、ホランドかっちょええええええええぇぇぇぇぇ!!!!
(最近、おっさん好きが本格化してきました。)
でも、たぶんエウレカは、アニメの方がおもろい。
数回しか見たことないけど。(最初の方少しと、最終話から2話前くらい見ただけ。ww)

アネモネぎざかわゆす。(*´∀`)
ドミニクさんがはぁっっ!
アニメと違うじゃないっすかぁ!!!そして、たぶんアニメの方が泣ける。

エウレカ、もうちょっと凝ったつくりにしてあったら買ったのになー(借り物でした。)

今、森見登美彦の「走れメロス」読んでます。
[PR]



by sachosacho | 2007-04-06 21:58 |

四畳半神話大系

森見登美彦氏の「四畳半神話大系」を読んだ。

相変わらずの非モテ男っぷり。
なんと、この本には「夜は短し 歩けよ乙女」に出てくる樋口さん、羽貫さんが出てくる。
そのほか、峨眉書房なども出てきます。

でも、これはずいずいと黒髪の乙女を求めるお話ではなく、
「嗚呼、もしこの道にはいらず、あの道を進んでいたなら、俺は今のような実益の全く無い大学生活でなく、薔薇色の(黒髪の乙女つきの)大学生活をおくっていたであろう。」
と思う私の話。

第一話 四畳半恋ノ邪魔者
第二話 四畳半自虐的代理代理戦争
第三話 四畳半の甘い生活
最終話 八十日間四畳半一周

の4部作で、
すべての「私」は一回生の春、
「映画サークルみそぎ」「弟子求ム」「ソフトボールサークルほんわか」「秘密機関 福猫飯店」
のビラをもらい、それぞれのサークルに入会し、小津という男に出会う。
小津と言う男は、人の不幸で飯が三杯食え、そのためならどんな努力も惜しまない。
私の暮らす下鴨幽水荘110号室の真上210号室にくらす樋口氏を師匠としている。

結局、私はどの道を選んでも小津という男と出会う。という話で、(言っちゃった!w)
小津と言う悪友に心悩まされ、憎み、しかし小津に助けられたり、感謝しちゃったりする話。
男の友情?w

サチョ的には、第二話、第三話がおもしろかったなー。

「おい、くっつくなよ」
「だって寂しいんだもの。それに夜風が冷たいの」
「この、さびしがりやさん」
「きゃ」

↑の会話をもてない男子大学生が2人でやってるっていう…w

嗚呼、アタシも樋口師匠に弟子入りしたい…でも、大王烏賊はもってこれませぬ。
[PR]



by sachosacho | 2007-02-10 16:01 |

岡本太郎。

岡本太郎の

「自分の中に毒を持て-あなたは“常識人間”を捨てられるか-」を読んだ。

私、いたく感動いたしました。

絵師トモミ殿に
「是非、読んでください。読みなさい」(←という感じで)
お勧めいただいて、
じゅりと2人でなんばに出かけ、2人で購入。w

ちょっと、まず、余談ですが…
この本を読み始めた頃、
学校で友だちが、

「『じぶんのなかに、どくをもてっ あなたは、じょうしきじんをすてられるか』!!
 さっちゃん、こんなん読まんでも、常識人捨ててるって★☆」
って言われました。爆爆爆
「うるせぇ!これ読んだら自分がまだ常識人なのを思い知らされたぜ…」

More
[PR]



by sachosacho | 2007-02-07 22:35 |

毎日楽しいことだけしたい。
by sachosacho
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

About me

誕生日→1988.10.03
血液型→O型
出身→大阪

誰でもコメントどうぞ☆
リンクもどうぞ☆
リンクがないTBは受け付けていません。
ご了承ください。

近況(13/10/03更新):
☆某大学図書館パートタイマー
☆司書
☆来春結婚予定
☆欲しいものは家具家電
☆いきもの飼いたいけど、死んだら悲しいのでいやだ

ファン

ブログジャンル

画像一覧